全国有数の米どころとして知られる新潟県・長岡市は、
日本酒はもちろん、古くから醤油や味噌づくりも盛んな地域です。
歴史ある蔵元を見学したり、気軽に味わえるおいしいお店など、
発酵と醸造のまちをのんびり楽しんでみませんか。

全国有数の米どころとして知られる新潟県・長岡市は、日本酒はもちろん、古くから醤油や味噌づくりも盛んな地域です。歴史ある蔵元を見学したり、気軽に味わえるおいしいお店など、発酵と醸造のまちをのんびり楽しんでみませんか。

Nagaokaぶくぶく発酵めぐり
摂田屋
– せったや –
歴史ある建物や町並みを大切にしている摂田屋地区。
散策していると、まるでタイムスリップしたような気分に。
  • 宮内駅

    摂田屋

  • 黒壁のある風情ある佇まい

    摂田屋

  • 赤レンガと醸造蔵の黒い壁

    摂田屋

地図 摂田屋

START

宮内駅

徒歩1

おいしくて、かわいい!醸造&発酵の商品がいっぱい
FARM8 ReACTION STORE

地元の「おいしいもの」で全国各地をつなげるプロジェクト「FARM8」のコンセプトショップ。
好きな日本酒を注いで作る「ぼんしゅグリア」、酒粕の発酵ジェラート「醸グルト ジェラート」など、気軽に発酵・醸造のおいしさを楽しめるのが嬉しい。 かわいいパッケージの商品がたくさん揃っていて、お土産にぴったり!

  • 「ぼんしゅグリア」と「醸グルト ジェラート」

    ワンカップサイズの「ぼんしゅグリア」(480円)は全国の果物を日本酒と味わえる楽しい商品。酒粕を使った「醸グルト ジェラート」(420円)はヨーグルトのような味わい。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり FARM8 ReACTION STORE
  • 店頭限定の「醸グルトシェイク」

    「醸グルト ジェラート」は店頭ではシェイクでも味わえる。
    「醸グルトシェイク」(プレーン500円、いちご550円)

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり FARM8 ReACTION STORE

FARM8 ReACTION STOREファームエイトリアクションストア

  • 住所

    新潟県長岡市宮内3-3-19

  • 電話

    0258-94-5518

  • 営業時間

    9:00〜18:00

  • 定休日

    不定休

  • HP

    https://farm8.jp/

徒歩

江戸時代から伝統の醤油を作り続ける醸造元
越のむらさき

ガラス戸を開けて入店すると、ほのかな醤油の香りが。江戸時代から醤油を作り続ける老舗の醸造元では、看板商品のだし醤油「越のむらさき」をはじめ、ずらりと並んだ醤油や調味料がすべて購入可能。ぜひ試飲で味を比べてみて。歴史を感じさせる建物や醤油づくりで使われているレンガ造りの小麦炒り機も必見。

  • 大豆を蒸すタンクやレンガの炒り機など、雰囲気のある装置は今も醤油づくりで活躍。1週間前までに予約すれば工場見学もできる(5名程度から)。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 越のむらさき
  • いろんな醤油を味見できる。醤油といっても種類によって全く味が違うのだ

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 越のむらさき

越のむらさきこしのむらさき

摂田屋江戸時代に参勤交代でも利用されていた摂田屋の旧三国街道。風情ある黒壁の佇まいに、思わずゆっくりと散策したくなる。

徒歩2

酒づくりを学びながら、お気に入りの日本酒を選ぶ
酒蔵資料館 瓢亭※2019年9月23日閉館

木立に囲まれた瓢亭は、470 年続く日本酒の蔵元、吉乃川の敷地にある日本酒の資料館。天井や壁には歴代館長が作ったひょうたんが飾られていて、昔ながらの酒蔵道具や昔の酒づくりの映像が見られる。吉乃川の日本酒の試飲、販売も行っており、ここでしか買えない貴重な日本酒も。酒器などお土産も充実!

  • 常時10種以上の試飲ができる。入館は完全予約制で、事前に電話予約が必要。1名からでもOK。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 酒蔵資料館 瓢亭
  • 瓢亭でしか購入できない「吉乃川 瓢亭生原酒」(2,160円)は、日本酒好きの友人へのお土産に。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 酒蔵資料館 瓢亭
  • 人気の銘柄や季節限定の日本酒が並ぶ。人気のストレートタイプの甘酒「朝麹」も購入できる。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 酒蔵資料館 瓢亭
酒蔵資料館「瓢亭」は2019年9月23日をもって、閉館。
10月5日より「酒ミュージアム 醸蔵」がオープンしました。

徒歩7

伝統と革新を味わえる、味噌と醤油の醸造元
星野本店

江戸時代後期・弘化3年創業の醸造元。地元で愛される味噌や醤油をつくり続けながら、長岡越路産大豆の味噌をフリーズドライにした贅沢なインスタント味噌汁の製造など、常に新しい取り組みも行う。太い梁と高い天井で、趣のある落ち着いた空間の直営店では限定品の購入や試食で味くらべができる。

  • 切った野菜が一晩で手軽にお漬物になる「糀一夜漬の友」(378 円)は塩麹ブームのずっと前から人気商品!

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 星野本店
  • リピーターも多い「白だしつゆ」(648 円)は料理好きなら使ってみたい逸品。茶碗蒸しなど色をきれいに仕上げたい料理に。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 星野本店

星野本店ほしのほんてん

  • 住所

    新潟県長岡市摂田屋2-10-30

  • 電話

    0258-33-1530

  • 営業時間

    8:30〜17:30

  • 定休日

    土曜、日曜、祝日

  • HP

    http://www.hoshino-honten.jp/

摂田屋赤レンガの壁と醸造蔵の黒い壁。レトロな雰囲気がむしろ新鮮に感じる摂田屋地区。

徒歩2

機械に頼らず、昔ながらの道具を使った手づくりの日本酒
長谷川酒造

大きな鶴の家印が描かれた障子戸を開けると日本酒がずらり! 代表銘柄「越後雪紅梅」をはじめ、登録有形文化財の母屋に並ぶすべての銘柄が購入可能。長谷川酒造では、杜氏と蔵人たちの熟練した技と経験により、ほぼ手作業で酒造りを行っている。小さい酒蔵ならではの丁寧に仕込まれた日本酒をぜひ味わいたい。

  • ラベルにまつわる逸話など、代表取締役専務・長谷川葉子さんの説明を聞きながら楽しく試飲。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 長谷川酒造
  • 並べられた日本酒はすべて購入可能。試飲で飲み比べて、お好みの銘柄を選んで。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 長谷川酒造

長谷川酒造はせがわしゅぞう

徒歩8

圧倒的な存在感を放つ、色彩鮮やかな「鏝絵」
機那サフラン酒本舗

左官職人がコテと漆喰で描く鏝絵。その技法で動物や植物を描いた土蔵は、鮮やかな色彩とその迫力に引き込まれる。明治から昭和に薬用酒として人気のサフラン酒で財をなした吉沢仁太郎の屋敷は庭園や離れ座敷も見どころで、公開日にはガイドと一緒に見学できる。蔵は現在、サフラン酒の売店として販売と試飲を行う。

  • 明治20年から続くラベルデザインがレトロでかわいい「サフラン酒」。シロップのような甘さで、後味はさわやか。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 機那サフラン酒本舗
  • 東洋のフレスコ画といわれる鏝絵。軒や戸袋にまで鏝絵を施した豪華な土蔵は見応え十分。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 機那サフラン酒本舗

機那サフラン酒本舗きなサフランしゅほんぽ

  • 住所

    新潟県長岡市摂田屋4-6-33

  • 電話

    0258-33-4560(吉沢仁太郎商店)

  • 営業時間

    10:00〜17:00(土曜・日曜祝日は 15:00 まで)

  • 定休日

    月曜、水曜

  • HP

    http://kina-saffron.com/

徒歩2

地元で愛されている人気の老舗パン屋さん
旭屋

人気のコッペパンは自家製ジャムやあんこ、バタークリームなど10種類から選んで、お母さんがその場でぬってくれるスタイル。とろっとした半熟卵が中に入った大人気の「煮たまごドーナッツ」(150 円)や醸造元・星野本店の味噌を使った「みそボール」(80円)など、摂田屋らしい味噌や醤油を使ったパンも並ぶ。

  • 醤油とみりんで煮た半熟卵を生地で包んで揚げた「煮たまごドーナッツ」(150 円)。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 旭屋
  • コッペパンの1番人気はデキシーピーナッツ(140 円)。

    Nagaokaぶくぶく発酵めぐり 旭屋

旭屋あさひや

  • 住所

    新潟県長岡市摂田屋4-7-31

  • 電話

    0258-32-0981

  • 営業時間

    7:30〜18:30

  • 定休日

    日曜、祝日

摂田屋エリアの関連記事